イベントレポート:CEDEC 2014出展(セッション/ブース展示)

セッション『スマートフォンアプリのクラッキングの種類とその対策』

2014年9月2日(火)~9月4日(木)、バーチャルコミュニケーションズ株式会社はArxan Technologies, Inc(以下 Arxan)と共同でCEDEC 2014に出展し、セッション『スマートフォンアプリのクラッキングの種類とその対策』とブース展示を行ないました。

セッション『スマートフォンアプリのクラッキングの種類とその対策』

セッション『スマートフォンアプリのクラッキングの種類とその対策』
セッションでは現在どれほどのスマートフォンアプリがクラッキングの被害にあっているか、いかに簡単にクラッキングされてしまうかという具体的な事例を紹介する『スマートフォンアプリの最新クラッキング事情』と、Arxanで対策可能なリスクとその方法を紹介する『クラッキング対策』の二部構成でお話しさせて頂きました。

セッション『スマートフォンアプリのクラッキングの種類とその対策』
会場は満席で立ち見者が出るほどの盛況となり、誠にありがとうございました。
頂いたアンケートを拝見しましたところ、皆様のクラッキング対策の基礎知識を身につけたいというご要望にお応えできていたようで幸いです。

ブース展示

ブース展示では多くの方にお越し頂き、より詳しい資料の送付や訪問のご希望も頂きました。皆様のセキュリティに対する意識の高さとArxanへの興味を知ることができ、私共にとっても有益なイベントであったと思います。

セッション『スマートフォンアプリのクラッキングの種類とその対策』

Arxan について

Arxan は米国国防総省(通称:ペンタゴン)の防衛技術を保護する為、米国国家安全保障局(NSA)の資金提供により2001年に設立されました。当初は米国の軍事防衛関連の限定的な利用となっておりましたが、2006年に同盟国の民間企業へと製品の提供範囲を広げたものになります。

最近ではスマートフォン・アプリなどのゲームに対するクラッキング行為が横行しており、またその不正行為によって、サービス・ソフトウェアを提供している企業に多大な損失を与えています。(※)
※被害例:アプリのプロテクト解除(無課金・無制限利用可能)など

企業は被害を最小限に抑えるために、システムの持つ柔軟性・アクセス性を維持しながらも、アプリケーション・IPをプロテクトする必要性があります。
Arxan は、アプリ単体で守る強力なクラッキング対策を提供しています。

Arxan は会社/製品の信頼度やセキュリティレベルが非常に高く、ソフトウエアメーカー等のアプリケーションを有する企業を中心に採用されています。

詳細:
http://www.cloudsolution.net/products/arxan/
https://arxan.digitalstacks.net

当製品の主な市場と用途:
ゲーム市場
・海賊版生成と不正アクセスの防止・IP保護
モバイルアプリケーション市場
・マルウェア不正アクセスからの防御やIP盗難防止
ソフトウエア開発 市場・顧客向け
・著作権侵害、不正改変や IP盗難防止
デジタル・メディア市場・顧客向け
・DRM(Digital Rights Managenents)ルールと IP保護
ほか

モバイルバンキングのセキュリティにつきましても、昨年度金賞を受賞しております。
Arxan’s Mobile Application Integrity Protection Solutions Win Three Info Security Global Excellence Awards

本件に関するお問い合わせ先
バーチャルコミュニケーションズ株式会社
マーケティング部
植之原 道宏
TEL:03-5909-7850

, , ,