「CEDEC2014」出展のご案内

Arxan Technologiesは2014年9月2日から4日にかけて開催される日本最大のゲーム開発者向けカンファレンスCEDEC2014(開催場所:パシフィコ横浜)にセッション講演およびブース出展いたします。

 

CEDEC2014 セッション講演のお知らせ

スマートフォンアプリをクラッキングするデバイスは多様化しており、モバイルアプリの環境は危険にさらされています。全てのクラッキングはリバースエンジニアリング、つまりアプリケーションの解析を行うことから始まります。セッションではアプリケーションのクラッキングの現状と、Arxanを用いたリバースエンジニアリング防止技術、及びセキュリティ対策について解説します。

 

【講演概要】
講演: レギュラーセッション
内容: スマートフォンアプリのクラッキングの種類とその対策
    梅津 武史(Arxan Technologies)  
    坂井 茂(バーチャルコミュニケーションズ株式会社)  
    http://cedec.cesa.or.jp/2014/session/ENG/16500.html  

日時: 2014 年 9 月 3 日(水) 13:30~14:30
場所: 3F 311・312会議室

 

【CEDEC 2014概要】

名称: コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス2014(CEDEC2014)
会期: 2014年9月2日(火)~9月4日(木)
会場: パシフィコ横浜 会議センター(横浜西区みなとみらい) 
展示場所: 3F‐10 

公式サイト: http://cedec.cesa.or.jp/2014/

 

バーチャルコミュニケーションズ株式会社は、Arxan販売代理店として当イベントに協賛しています。

 
 

Arxan について
Arxan は米国国防総省(通称:ペンタゴン)の防衛技術を保護する為、米国国家安全保障局(NSA)の資金提供により2001年に設立されました。当初は米国の軍事防衛関連の限定的な利用となっておりましたが、2006年に同盟国の民間企業へと製品の提供範囲を広げたものになります。

 

Arxan は会社/製品の信頼度やセキュリティレベルが非常に高く、ソフトウエアメーカー等のアプリケーションを有する企業を中心に採用されています。

 

詳細:
http://www.cloudsolution.net/products/arxan/

https://arxan.digitalstacks.net

 

当製品の主な市場と用途:
 ゲーム市場
  ・海賊版生成と不正アクセスの防止・IP保護
 モバイルアプリケーション市場
  ・マルウェア不正アクセスからの防御やIP盗難防止
 ソフトウエア開発 市場・顧客向け
  ・著作権侵害、不正改変や IP盗難防止
 デジタル・メディア市場・顧客向け
  ・DRM(Digital Rights Managenents)ルールと IP保護
 ほか

 

モバイルバンキングのセキュリティにつきましても、昨年度金賞を受賞しております。
Arxan’s Mobile Application Integrity Protection Solutions Win Three Info Security Global Excellence Awards

, ,