Jailbreak(ジェイルブレイク:脱獄)の危険性

iPhone のJailbreak(ジェイルブレイク:脱獄)の危険性について説明します。
この記事は決してクラッキングをお勧めしているわけではなく、iPhone を使う方々へ警告の意味で執筆しています。なお、Jailbreak はApple が掲げるソフトウェアライセンスおよびソフトウェア利用許諾契約に違反するので、絶対に行なわないようにしてください。

Jailbreak(ジェイルブレイク:脱獄)の危険性

 

Jailbreak とは何か

さて、Jailbreak とは何でしょうか?
それはiPhone のOS である「iOS」が設定している壁を取り払う行為です。
iPhone アプリをインストールする際、AppStore でダウンロードすると思いますが、それはAppStore 経由でのみダウンロードするようにiOS にあらかじめ設定されているからです。AppStore に並んでいるアプリはApple の審査を受け、安全だと判断されたものばかりです。ですから、そこからダウンロードしたアプリが悪さをすることはありません。このようにiOS は制限という壁を作って、iPhone を守っています。しかしJailbreak は、その防壁を取り払ってしまう行為なのです。

それでは、Apple の審査を通らない非正規アプリは、どのような悪さをするのでしょうか?
iPhone にはアプリだけではなく、システムに関係するファイルや個々のアプリが持っているデータがあります。非正規アプリはこのファイルを覗いてデータを盗んだり破壊したりするのですが、これは極端に悪質な「悪さ」です。
一方で、筐体ケースやアクセサリーのように、iPhone の内部を自分だけのオリジナルにしたいという人がいます。たとえば彼らは、起動画面のデザインを変えたり、1画面のアイコンの数を増やしたり、バッテリー残量表示を変えたりしたいと思うのです。これらを行なうためにはiOS で設定されている壁を取り除かなくてはいけません。なぜならiOS はシステムやアプリの安全性のためだけではなく、動作やアイコンなど画面インターフェースデザインも崩せないようになっているからです。

しかし、非正規のアプリであればこれらの変更ができるものがあります。もちろん、このようなアプリはAppStore に置いていません。非正規アプリは、AppStore 以外の特定の場所に存在します。そして、その置き場所からインストールできるように、つまりAppStore 経由でなくてもよいように、iOS の壁を取り払う必要があります。このときに、Jailbreak を行なうのです。

非正規アプリの裏に潜む罠

現在では、検索すればJailbreak の方法はいくらでも見つかります。動画でも紹介されていますし、作業もボタンを数回クリックするだけで簡単にできてしまいます。しかも親切なことに、Jailbreak が完了した後は、非正規アプリが置いてある場所に誘導してくれるアプリもインストールしてくれるのです。
このアプリを使えば、自分好みにカスタマイズできる非正規アプリがダウンロードでき、インストールすれば自分だけのiPhone ができあがります。しかし、そのような目的だけのためにJailbreak をして問題ないのでしょうか?

いいえ、Jailbreak はとても危険な行為です。

Jailbreak したiPhone は防壁がなにもない丸裸の状態なので、外部の「悪さ」から身を守る術はなにひとつ持ち合わせていません。そして、非正規アプリにはどのような「悪さ」が裏に仕組まれているかわかりません。
見た目が変わった、動作がお洒落になった、本当にそれだけでしょうか? そのアプリは裏でなにかしていませんか?

非正規アプリの中には、クラッキングのための道具となるアプリもたくさんあります。ですから、そこからアプリをダウンロードするのはとても危険な行為なのです。オリジナル感を出したい気持ちはよくわかりますが、それはケースだけにしておきましょう。Apple が作ってくれた壁は、とてもありがたいものなのです。